So-net無料ブログ作成

2・大きな扉

2012年物語 最初の日 〜想〜

m_20120101170140.jpg
広く高く 雲ゆらゆら 翳りない空の青
掌に残る夢 抱きしめて
どこまでも 歩いて行こう
上を向いて、強い心で高く高く、、、
--------------
20121.1のブログに、こんな事を記していた。

2012年は、大きな扉を開ける年。
迷いもある。不安もある。大丈夫なのか?
少しの揺らぎはあるければ、そう心に決めていた。
いつもと違う年明けだった。

ライブ活動を始めてから、いつかCDを作りたいという夢が芽生えていた。
年齢的なものもあり、近年、その想いが強くなっていった。
ミュージシャン仲間達が、CDを発売されるのを羨ましくも思ったし、
また、ライブに来ていただいた方から、
「CDはないの?」
と、数多く、お声をいただくようになった。

最初は、スタジオ録音など考えもしなかった。
クリック聞いて、歌とピアノを別々に録音する手法しか思い描いてなかったし、
自分には無理だと思ったし、自分にはほど遠い世界だと思ってた。
弾き語りスタイル、ライブ感覚で録音=ライブ録音のCDというものがベストだと思っていた。

ライブ活動の中で、ライブをライン録音したものを、何度か、
ベガ・ミュージックエンタティメントの多賀谷さんに聞いていただいたけれど、
いつも、いい答えは返ってこなかった。

羽衣さん、思いっきりが必要です。
スタジオで録音しましょう。
菅平で録音しましょう。

と、おっしゃっていた。

確かに、自分達の演奏力もだけれど、マスタリングまでしたものもあるけれど、
自分でも、納得いく音ではなかった。
内容的にも、同じ曲想のものばかりであったり、
音の花の蕾にもなってなかったのかもしれない、、、。

47歳で歌い出した時に、
「こんな歳から歌いだすのやから、中途半端な事はできひん。かなりの努力が必要や。」と思った。
2011年の秋頃から、
「CDも中途半端なもの作るより、一生に一枚かもしれんし(^_^;)
プロの手に委ねて、スタジオ録音したCDを作ろう。」
と、考えの転換をしていた。

思いが熟し始めた頃、2011年12月に、ベガ・ミュージックエンタティメントの多賀谷さんが、
プライベートで、京都に来られた。

すごいタイミング、、、
その前後は、ライブ等で予定が詰まっていたのに、来られる日だけ空いていた。
プライベートでこられていたのに、会ってすぐに、CDの相談をした。
何時間話ただろうか、、
夕方からお会いして、日付が変わる頃まで、話していたと思う。

「菅平で録音をしましょう。オリジナル曲ばかりでなく、カヴァー曲も3.4曲入れましょう。
その方が親しみやすいから。エンジニアは木村さんで、ゲストに萩谷さんも入って
いただければいいですね」

多賀谷さんの頭の中には、ビジョンが描かれていた。
もしかしたら、わたしが、いつか言い出すと、思ってられたのかもしれないな、、。

「はい。考えてみます。よろしくお願いします。」

人生。タイミング。
今までの迷いとかは何だったのか?と思えるほど、
CD制作に向けて、話は進み出した。

不安の方が大きい。
わたしら、、大丈夫なん??????
思えば思うほど、不安が膨らむ。
今だったら、戻れる、、、
けれど、新しい扉の向こうの景色も見たいから、
大きく一歩踏みだそうと決断した。


2012.1.19 バースデー前日。
多賀谷さんに、こんなメールを送った。
新しい歳になるまでに、次の一歩に向かいたかった。
-----------
2012。
わたしにとっては、とっても大きな扉を開けようと思います。
ただ、考えれば、考える程、扉の向こうは、雲海で、
少し風景を見ただけで終わってしまうのではないかと、
不安の方が多いですが、思い切って、突進していこうと思います。
扉の向こうの景色を見てみたいです。
-----------

2012。
年明けと共に、大きな扉が開きました。
どんな景色が待っているのだろうか、、、

いつもと違う季節のうつろいになるのだろうな--。


つづく・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。