So-net無料ブログ作成

5.回想 ギタリストとの出会い

究極な夢を描いてから6年後、、、。

アルバムには、尊敬し、音楽道の師匠の、
ギタリスト・萩谷清さんに参加していただくことになった。
萩谷清さんに出会ったのは、今から、12年前。
今回のアルバムのプロデューサー・多賀谷さんも、萩谷さんがご縁で出会っている。
また、萩谷さんの計らいで、ピアノに倉田信雄さんが、参加していただく事も決まった。

嘘のようなホントの話。
大丈夫か?
レコーディングに向かうだけでもいっぱいいっぱいなのに、
プロの方達と一緒に録音なんて、、、

大丈夫か?
失礼な事にならないのか?

強い夢って叶う
そんな悠長な事、言うてる場合やない。
現実となった夢を、実現する為に、がんばらねば-っ。


また、今回のアルバムを製作できたのは、ギタリスト萩谷清さんとの
出会いから始まったといっても、過言ではない。

----------回想----------
2000年10月21日。
あの銀座スウィングのドアをドキドキしながら開け、Kiyoshi Hagiya SuperBandに出会った瞬間から、
今日の事は約束されていたのだろうか・・・
-----------------
Kiyoshi Hagiya SuperBand(現SPB)
(萩谷清(Git)倉田信雄 (Piano)、岡沢章(Bass)、渡嘉敷裕一(Drums)、
木村誠(Perc.)、ボブ・ザング(Sax))
--------------------

2000年10月初旬。
私は萩谷さんに失礼なメールを出した。

****************************************************************************
はじめてメールします。

SUPER BANDについて、とても興味が有り、詳しい事を知りたくメールしました。
HPは更新はまだかまだか・・・と毎日拝見しております。

私が、もっとも尊敬するピアニスト 倉田さんの情報をネットで探して、このページ
にたどりつきました。
メンバーを見てびっくり!! HIPのメンバーも入ってる!!
これは興味を持たないわけがない・・・
ライブに行かなくては!と言う事で、京都から、21日、東京のライブへ行く予定です。
関西では予定ないみたいだし・・・
萩谷さんのギター、ごめんなさい、まだ聞いた事ないんですが、(大変失礼ですよねっ
 ごめんなさい)とても、楽しみにしています。
豪華一流ミュージシャンの演奏をライブハウスで聞けるなんて、夢みたい!

レコーディング終わられたそうですが、メンバーはライブのメンバーでしょうか?
すべて、オリジナルですか ?
いつ発売ですか?

銀座スウィングって、どのくらいのスペースなのでしょうか?
ライブは2ステージですか?
予約しないと無理なんでしょうか?

すみません。大変失礼な文章かもしれませんがお許しを!

では、ライブ楽しみにしています。
                               (原文のまま)
****************************************************************************

その少し前に、わたしの音楽のルーツである、強く影響を受け、
リスペクトしている、さだまさしさんのコンサートに出かけた時、
あるピアニストの音と出会った。
聞いた瞬間、とても身動きできないくらいの感銘を受けた。
言葉では表現しずらいけれど、
歌に寄り添うように、優しく、情感いっぱいに奏でられ、
時には優しく、時には情念的に、鍵盤が歌う。
一音、一音に息吹を感じる。

~神なる音~
もっと、間近で聞けないのだろうか、、

どうしても聞きたい、、、
その想いが、萩谷清さんへのメールに走らせた(^_^;)


そして・・・  すぐに返事が来た。驚いた。
大変失礼なメールを出しているのに・・・
kiyoshi hagiya super bandの事、スウィングの席の事など教えて頂いた。
なんと優しい寛大な方なんだ・・・
逢いたい・・・  きっといい方だ。その時そう思った。
ギターを聞いた事もないなんて・・・ 今読み替えしても失礼きわまりない事を書いて
出しているのに・・・

~萩谷さん その節は シツレイシマシタ~

扉を開けると、kiyoshi hagiya super bandのサウンドが聞こえて来た!
日本のトップレベルのスタジオミュージシャンが集まったバンドだけある。
又、私の好きなサウンドだ!
こんなすごいバンドをこんな真近で聞けるなんて・・・
なんて優しいギターの音なんだ・・・  胸にしみる物がある。
東京まで来た意味があった。いいバンドに出会えた。
あっ、この方が萩谷さん・・・ あっ・・・ 倉田さんだ-----。
あの瞬間の感激は今でも忘れない。

休憩時間に、萩谷さんに声をかけた。
「あの----、京都の羽衣です」
「いらっしゃい・・・ そうだ、倉田に紹介に紹介しなきゃねっ」
すごく気をまわしていただいた。なんといい方だ。
おかげで、私は神と思っている倉田さんと、逢う事が出来た・・・ 
そして会話する事もできた。
すべて萩谷さんのお導きだ。
なんといい方なんだ・・・ 私は調子に乗り、初対面である事も忘れ、
「あのレットイットビーのアレンジよかったです・・・ バンドに頂き--。」と軽口を叩いてしまった。
なんか、最初から緊張せずに話せたんです。何でだろう。
そして・・・ 神と逢って、ミーハーになっている私は・・・
写真を一緒に撮っらせてもらう事になった。
萩谷さんとも一緒に撮らせて頂いたのだが・・・
なんと、倉田さんとの2ショットの時、萩谷さんにシャッターを押させてしまった。
なんちゅう事すんねん。

~萩谷さんエライ失礼なオバハンだとオモワレタコトデショウ ユルシテクダサイ~

この日から私は、萩谷さんに引き込まれて行った・・・

人生は出会い。人の縁とは不思議なもので。
同じ世代に生き、知り合った事も何かの縁だ。

私がピアノを初めた時、いや、倉田さんを知った時・・・
その時から、今日の事は約束されていたんだ・・・

~すべてはあの日から始まった~


------------長編ですが、ご興味ある方は-------
2004年1月30日〜31日。
萩谷清京都ライブ&清柳会・大人の遠足。
そんな日の記録・・・
〜A SPECIAL DAY〜
http://ouiui.exblog.jp/
-----------


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。