So-net無料ブログ作成

7.紫陽花が咲いたら

~紫陽花が咲き始めたら、いよいよその時が来る~

ひらひら舞い落ちる
桜 サクラ
揺らめく春の紅
桜 サクラ・・・♪
(By 春の紅)

桜が散りゆき、新緑の季節へ。
今年は、季節のうつろいが、レコーディングへのカウントダウンの合図。
大きな扉の向こうの景色が気になり、ただひたすら、前を見て歩いていた。
今から振り返ると、空色も、季節の色も、どこかクリアでなく、
心より、季節の色を楽しめなかったのかもしれないな、、、

菅平高原のスタジオでは、二日間で10曲録音の予定が組まれている。
はじめての録音経験なのに加え、その中で、
初顔合わせの、バイオリン・パーカッションの方との録音もある。
録音順番を間違えると、録り残しも発生しそうな不安もあった。

大丈夫やろか。一発録音やから、もし、自分が間違ったら、また、最初からやなぁ。
それで時間潰れてしまって、ゲストの方に迷惑かけないだろうか。
わ---------っ、、、、、うぐぐぐ-----------。
レコーディング一年生で、おそらく、ピアノ越しの視界も違うだろうし、
いつもと違う環境の中で、集中力の持続。
そして、大切なのは、体調管理。
レコーディングの日に、最善の体調で望めるように持って行く。特にノドの状態。
花粉の季節と重なっているので、心配ではあったけど、
何年か前に、喉を過保護にしすぎて、それが悪循環で、
コンディション悪くなった状態を経験しているので、最低限の事だけ気をつけて、
最近は、放任主義(^_^;)で、いい状態が続いている。
けれど、、、たった二日間の中にピークを持って行くのは難しい事。

レコーディングまでの準備での、???は、クリアになったけれど、
今度は、弾く・奏でるという事についての、大丈夫なのか??????
が芽生えていた。

かんばん.jpg
菅平高原ホテルマッキンレー 

2002.10.5~6
ギタリスト萩谷清さんのファン仲間の方々と、
~大人の遠足~に来ていた。
同じ音楽を愛する方々との語らい、セッション。
朝、、4時くらいまで、語らっていたなぁ-。
セッションでは、萩谷清さんのガッドギターで、♪天使の誘惑を歌った。
歌は、カラオケでしか歌ってなかった頃、、、。
021005sugadaira30.jpg
このシチュエーションが、10年後には、レコーディングスタジオになるとはなぁ、、。

自分の音楽の方向について語らった時、兄貴と慕う方から、
「ういさんねぇ--。どこまでも転がっていけばいいんだよ。思うがままにねっ、、」
と、言って下さった。

ころころころころころころ、、、ちつちゃな石も大きな石も飛び越えて、
ほんまにころがりました-。

その時の帰り際にオーナーに、
「また来ます!!」と言ったら、
「そう言って、みんな来ないんだよねぇ、、、」
と、冗談交じりに、おっしゃった。

いえいえ、、
スキーもするから、いつか訪れようと思ってたけど、
まさか、二度目は、自分がレコーディングで訪れるとはなぁ--。
また、レコーディングスタジオも、裏山に建設中だった。

何故、菅平高原のスタジオで録音なのかは、プロデューサー多賀谷氏の、
50歳を過ぎてから夢を叶えること
http://tezguitar.exblog.jp/19090530/
プロデューサー多賀谷氏の手記に書かれています。

さぁ、、紫陽花が咲いた。
いよいよレコーディングがハジマル!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。